スクールインフォメーション

スクールインフォメーション

只今、びわ湖バレイ、六甲山、両BURTON
スノーボードスクールでは、来シーズンに向けての、
新規スタッフを募集しております。

両スキー場ともに、関西近郊から1時間以内と、
一番近いリゾートになり、そのような都市型
リゾートの環境を活かして、生涯スノーボードを
提唱し、その環境づくりを目指しています。

現在スクールには、
スノーボードが大好きで
上手くなりたいという、強い向上心のある
スタッフの人達が、両校総勢60名在籍して
います。

上手な仲間達と、長く一緒に練習できる環境が、
ボードの上達の近道です!!


初めての経験の方には、しっかりとした
研修システムがございますので
資格、
経験は問いません。
サラリーマンや、学生の方も大歓迎です。

情熱のある方は、是非御連絡
お待ちしています!

びわ湖バレイ スクールスタッフへのご応募はこちら

六甲山スノーパーク スクールスタッフへのご応募はこちら

2010年7月9日金曜日

便利グッズ その1

本日も昨日に引き続き山の天候が悪かったので、
宿でおとなしくしています。

さて本日は、私のNew Zealandでのマストアイテム。
この便利グッズを、いきなり紹介させていただきます。

その名もKIWIスプーン!(そのまんま)

こちらでは、言わずと知れたKIWIフルーツが有名ですが、
それを食べるためのみにデザインされた製品です。

しかも、ゼスプリ社のパックに入った、少しお高めのKIWIに
しかついてこない、非常にレアなものです。
日本でも探してみましたが、おそらく出回ってないと思います。
(もし普通にあったらごめんなさい)

以前このスプーンほしさに、シーズンを通して十何パックも
ゼスプリ社のKIWIを買い、この会社の策略に完全に
はまってしまった事もありました。

今年も是非、お土産にしたいと思います。


KIWIのみを食すためだけにデザインされた、曲面で構成された
そのフォルムは、今なお見ても美しい…



このように一周をくるりと切れ目を入れて


半分に切ったKIWIを、今度はスプーンの方で
くるりと一周回します。


あっという間に、このように身の部分だけ
すくうことが出来ます。

使ってみると、その機能的に優れている事がすぐに体感してもらえると
おもいます。

あまりに簡単に食べれるので、気軽に何十個も食べれますよ(^ω^)

2 件のコメント:

  1. さすが久保さん!レスポンスが早いですね。
    アスコルビン酸は山にも持って行ってくださいね。
    杉本さんも去年の事があるので同じ量を勧めてください。
    きっと毎日ブイブイです!

    返信削除
  2. 石川先生へ
    いつも色々とご教授ありがとうございます。
    山にも持って上がって、杉本さんと一緒に
    是非飲みたいと思います。
    先生も日本で、体調くずされないように
    してくださいね。

    返信削除